記憶の整理箱

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ロシア政治経済ジャーナル」より


ロシア政治経済ジャーナル No.344 ★サバイバー1(これから起こる危機)


これから5~10年以内に、日本が遭遇する可能性のある危機が
三つあります。


1、米中戦争(アメリカ・日本・台湾・韓国 対 中国・北朝鮮)
2、アメリカの没落
3、日本の破産




ロシア政治経済ジャーナル No.345 ★サバイバー2(アメリカの没落1)



ロシア政治経済ジャーナル



スポンサーサイト
「SOBA司令官麻薬を撲滅せよ]~ミャンマー・闘う信州ソバ~(2005年9月19日放送)

代表メンバーである信州大学元教授・氏原輝男さん(71歳) SOBA司令官(コマンダー)と呼ばれる日本人がいる。麻薬で悪名高いミャンマー麻薬地帯シャン州。この地で日本政府がアヘン栽培を停止させ、代替作物として日本伝統の味「そば」の種を植えるプロジェクトを始めて1、はや10年。利益の出ない国際貢献が続き、プロジェクトの見直しや停止が叫ばれるなか、日本人プロジェクトメンバーはミャンマー人のために継続し続ける。メンバーの多くは60歳以上の高齢者たち。彼らの粘りと意地がこのプロジェクトを継続に導いていく。代表メンバーである信州大学元教授・氏原輝男さん(71歳)高齢にもかかわらず、単身ミャンマー赴き、プロジェクトの成功へとまい進していく。ソバという新たな「武器」を手に麻薬撲滅と戦う日本人メンバーたちに密着。

(制作:長野朝日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050923-00000012-scn-int

【中国】外貨準備:高官「米国債やめ、エネルギー株買え」

 中国共産党中央政策研究室の鄭新立・副主任は22日、「現今のエネルギー問題解決のために、外貨準備を海外エネルギー関連の株式購入にあてるべきだ」などと述べた。22日付で香港・財華網が伝えた。

 一方で、鄭・副主任は、「米国債に投資するのは割に合わない」「中東地区は中国に売却しないだろうから、他の地域から購入すればいい」ともコメントした。(編集担当:菅原大輔・如月隼人)


(サーチナ・中国情報局) - 9月23日17時25分更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。