記憶の整理箱

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人権擁護法案とアニメ規制について



325 :メロン名無しさん :2005/05/21(土) 06:48:12 ID:wS60OUUX0

コピペ

◆朝鮮人のした事実を子々孫々に口コミで伝えよ。マスコミは、敵だと自覚せよ。マスコミはオモテの世界であり、歴史は、「ここだけの話」が動かしてきたことを知らなければならない。
1950年ごろ、20万人の朝鮮人が蜜入国し、警察力のなかった市役所の小役人は、朝鮮人の集団暴力に負けて戦前から日本に住んでいることにさせられ、永住権を与えさせられてしまった。その20万人から繁殖したのが、在日3世、4世である。敗戦で警察力を失った悲しい時代、20万人を越す朝鮮人は、主を失った女子供の世帯を襲ってレイプ、強盗の残虐の限りを尽くした上で所有者を追い出し不法占拠して、ヤミ屋、パチンコ屋、焼肉屋、ヤミ金融になった。ヤミ金の搾取ビジネスモデルから生まれたのが、池田犬策の創価だ。創価の3割は(周知のとおり池田をふくめて)朝鮮人である。
大阪駅前の闇市は、駅前ビルや、マルビルが建つまでのつい20年まえまでかれらが不法占拠しつづけた。警察も市役所も彼らの集団暴力に負けつづけたのだ。最終的に暴力的に立退き料をせしめ、駅前ビル地下にパチンコ屋、焼肉屋の豪華な店舗を作った。池田は、10兆円の現ナマを溜め込み、銀行を支配している。10兆円の現ナマに負けて、三井住友は、層化大から大量に新卒を採用させられ、中枢まで犯されている。すでにサラ金がグループ企業に入り込んだ。
全国すべての駅前にあるパチンコ屋は朝鮮人がこのようにして日本人から暴力で奪い取った土地に建っている。君たちは、この事実を知っているのか?知らされていないのは、すべて朝日新聞が朝鮮人の集団暴力に負けて自らの生き残りだけを考えて日本国民を騙し続けてきたことが起源だ。騙されるな。私も騙されつづけた一人であった。
http://www.sankei.co.jp/databox/50ys_ago/html/5006/28.html



密航4ルートの動態 (産経新聞)1950年6月28日

朝鮮戦争 1950年6月25日 - 1953年7月27日停戦成立

サンフランシスコ講和条約 1952年4月28日発効


409 :メロン名無しさん :2005/06/10(金) 23:39:29 ID:HPmhGzIt0

788 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/06/10(金) 17:05:13 ID:Lih17h6j

 人権擁護法、これの裏に隠れてセットになっているのが「脱北者支援法」「ビザ免除」「外国人参政権」これらは全部繋がっているんだよ。つまり流れは、この裏に隠れた議題をスムースに進めるために、まず最初に「人権擁護法」が必要だというわけ。なぜ急いでいるかというと、朝鮮半島の有事(北は戦乱の可能性、南は経済破綻の可能性)が目前に迫っているということと関係してる。実は、半島から大量の政治難民/経済難民が日本に押し寄せることが、すでに大前提になっているんだよ。

 それと急いでいるもう一つの理由が、インターネットを通じての世論の変容なんだ。歴史問題、教科書問題で必死に正常化を阻止する動きがあるのもこれが原因。洗脳が解けはじめ、不特定多数の人々が意見を交換しあうような環境が強力に広がりを見せている現在、これを逃したら、目覚めた国民からの逆風が吹き荒れ、法案を通すには今しかチャンスは無いわけだ。ムチャクチャでもなんでもゴリ押しで成立させてしまえば、あとは「差別」をたてに「脱北者支援法」「ビザ免除」「外国人参政権」の成立なんざ赤子の手をひねるようなものだし、インターネットも規制して反対意見を「差別」ということで封殺できる。この法案は、日本が奈落の底へ落ちる最初の一歩になるのは間違いないよ。



290 :メロン名無しさん :2005/05/14(土) 15:05:27 ID:jg7VFYKQ0

人権擁護法案と同様の法律が2002年に制定された韓国では、既に言論の封殺が行われ、売国奴の作った身勝手な最低の法律が制定されて います。

韓国内では安易な北朝鮮への批判、日本擁護等の意見は封殺されているのとの事。逆に親日財産没収等の北朝鮮の望み通りの政策が平然とまかり通り始めています。特にインターネットでの自由な発言も規制され、民主主義国家とは名ばかりの統制国家に成り果てました。
韓国で「国家人権委員会」が異常な影響力を行使しまくっています。
「人権擁護法案」が設置されるとこうなるのだ、という実例がここにあります。

もしも人権擁護法案が可決されれば、数年後に日本もこのような事態に陥る。
韓国での人権法の成立が2002年、たった3年、実質2年程度であそこまで左傾化している。
日本でも同等のスピードで保守系は圧殺されて左傾化する物と思われる。

もしかしたら、最初の数年は何も起こらないかもしれないが、
この狂気の法案が浸透していった時期に必ず何がが起こる、それも悪い事が。
(旧日本の様な言葉狩りや圧制か? いずれにせよ害悪でしかない。)



上のはコピペだが、最近の韓国の異常さの原因のひとつは「国家人権委員会」にあると言われている。
異常なまでの北(朝鮮)寄り政策、過剰な親日派への弾圧(本当に人権を守るのであれば親日派の
人権も守られているはず)、etc・・・



216 :メロン名無しさん :2005/05/03(火) 20:47:56 ID:jkfwrDat0

部落開放同盟のいけない活動のごく一部

八鹿高校事件

こうした暴力事件は、1974年11月22日、兵庫県立八鹿高校(養父市)で頂点に達した。
校内に 部落解放研究会 の設置を認めなかった 八鹿高校の教師68人(ほぼ教職員全員)に対して、
解放同盟 兵庫県連メンバー 数百人が襲いかかり、13時間にわたって「糾弾」と称して集団リンチを加えた。
これにより56人が重軽傷を負い、29人が入院したという教育史上例をみない事件である。

瀕死の重傷を負ったある教師は、解放同盟員から次のような暴行を受けた。
「(商店街路上で)肘で後頭部を殴り、その後左肩を蹴ったり腕を殴ったりして座り込んでいた隊列からごぼう抜きにし、
横に倒れたところを頭を踏みつけ、腰や腹を蹴る。その後、頭をもって引き立て、抵抗して座り込むと再び踏んだり蹴ったりし、
さらに両足をもって引きずる。そのまま仰向けにしてしばらく引きずったあと、両手両足をもって宙づりにして、
地面にたたき落とす。さらに宙づりにして運びながら、両手両足をもって反動をつけ、トラックの荷台に放り投げ、
校内にトラックで運ぶ。」
「(校内体育館で)腹を踏みつけたり、腰、肩を蹴る。バケツや大きなやかんで、背中や襟元に何杯もの冷水を流し込む。
バケツを頭にかぶせてガンガンたたいたり、ハンドマイクを耳元に近づけて怒鳴ったり顔面を殴ったりする。
階段を引きずり上げたり、足をもって引きずりおろしたりする」
「(校内解放研究部室で)髪をもって壁に頭を打ち付ける。足を踏みつける。雑巾やバケツや湯飲み茶碗で汚水を
無理やり口の中に注ぎ込む。往復ビンタで顔をたたいたり みぞおちを殴ったりしたうえ、メリケンサックで
顔や腹を十数回殴り『たばこを吸いたいだろう』と言いながら、火のついたたばこを顔に押しつける。…」

「同和利権の真相 1」寺園敦史、一ノ宮美成、グループ・K21編著(宝島社文庫) p.206
スポンサーサイト
平野貞夫「公明党・創価学会の真実」より

序章 暴力団がつくった自公連立

P27

 基礎年金の国庫負担を二分の一に引き上げる際、公明党はその財源を「所得税の定率減税廃止」によってまかなうと主張した。その裏には、公明党支持者である創価学会員の多くが所得税を払っていないため賛成を得やすい、という事情があったのだ。



P28

 まず、創価学会が非自民改革路線から離れたきっかけとして、「密会ビデオ」問題があったことは明らかだ。もう一つは、公明党が自民党政権に参加することに積極的になるのが、長銀・日債銀などをめぐる金融危機と同じ時期であり、そのとき政治の背後にあった何かである。



 第一の問題、創価学会が改革路線から離れる直接のきっかけは、暴力団・後藤組との長年にわたる「抜き差しならない関係」を象徴するビデオテープの存在だった。このテープを材料にして、当時の自民党幹事長代理、野中広務さんは、新進党の旧公明党議員を通じて創価学会を「恫喝」したのだ。



P29

 そんな最中、事態打開に動いたのが、当時の幹事長代理だった野中さんであった。現公明党常任顧問の藤井富雄・東京都議らが後藤組の組長と会い、反創価学会の自民党幹部四人の名前を挙げ、「この人たちはためにならない」といった---こう推測される様子を映したビデオテープを野中さんは手に入れ、それを材料にして新進党の旧公明党議員に住専処理での妥協を迫ったという。



P30

 もう一つ、公明党が自民党政権に積極的に参加する動きをするようになった背景だが、その時期が金融危機と符合することが問題だ。日本長期信用銀行(長銀)の問題は、この銀行が日本社会のマネーロンダリングの「ブラックボックス」であったことにある。この恩恵にあずかっていたのは経済界だけではない。政界、特に自民党の派閥、労働組合、学校法人、そして宗教団体に至るまで、裏資金を持つあらゆる団体が恩恵を受けていたので深刻であった。
 私たちは法的処理をすることで、日本の暗部を国民の眼前に晒すことを主張した。しかし、労働組合を支持母体とする民主党と宗教団体を支持母体とする新党平和(旧公明党)は、自民党とともに「金融再生法」を成立させ、長銀等の法的処理を行うに至らなかった。



P32

調べてみると、公明党は、四〇年間も参院法務委員長のポストを独占していることがわかった。検察と司法を所管している法務委員会の委員長に、なにゆえこだわるのか。ちなみに、公明党は東京都議会の「警察・消防委員会」の副委員長のポストも、四〇年以上にもわたり独占している。警視庁を所管し、予算や人事に影響を及ぼす委員会の重要ポストを握りつづけていることは、いったい何を意味するのか。公明党・創価学会の深慮遠謀が透けて見える。
 公明党が自民党と連立協議を始めたとき、反対する議員に冬柴鉄三幹事長は、「連立はすべて池田名誉会長を守るためだ」といい放ったという。この冬柴公明党幹事長の発言に問題の本質があると思う。

「SOBA司令官麻薬を撲滅せよ]~ミャンマー・闘う信州ソバ~(2005年9月19日放送)

代表メンバーである信州大学元教授・氏原輝男さん(71歳) SOBA司令官(コマンダー)と呼ばれる日本人がいる。麻薬で悪名高いミャンマー麻薬地帯シャン州。この地で日本政府がアヘン栽培を停止させ、代替作物として日本伝統の味「そば」の種を植えるプロジェクトを始めて1、はや10年。利益の出ない国際貢献が続き、プロジェクトの見直しや停止が叫ばれるなか、日本人プロジェクトメンバーはミャンマー人のために継続し続ける。メンバーの多くは60歳以上の高齢者たち。彼らの粘りと意地がこのプロジェクトを継続に導いていく。代表メンバーである信州大学元教授・氏原輝男さん(71歳)高齢にもかかわらず、単身ミャンマー赴き、プロジェクトの成功へとまい進していく。ソバという新たな「武器」を手に麻薬撲滅と戦う日本人メンバーたちに密着。

(制作:長野朝日)

「ヒロシマを最初に見た米兵」~元米軍捕虜 60年目の旅~(2005年9月12日放送)

上陸し捕虜となった島根県の港で、 当時の状況を語るザップ氏 今年8月、広島の原爆の惨状を最初に目撃した米兵の最後のひとりが来日した。マーチン・L・ザップ氏79歳。1945年8月、ザップ氏の乗ったB-29は日本軍に撃墜され、島根県益田市沖を漂流していたときに漁師に助けられ、終戦の前日に捕虜となる。そして目隠しされて広島に連行される。広島では、親切な通訳の憲兵に守られ無事収容所跡にたどり着いたが、その途中「広島の地獄」をみた。彼自身も被爆し、後にガンに侵されることになる。ザップ氏の戦後60年総決算の旅に密着し、敵味方を超えお互いに謝罪しあい、語りあう姿を通して平和の尊さを静かに訴える。
23年前にザップ氏を取材した轡田氏(テレビ朝日コメンティター)が今回の旅に同行。ナレーションも担当する。

(制作:テレビ朝日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050923-00000012-scn-int

【中国】外貨準備:高官「米国債やめ、エネルギー株買え」

 中国共産党中央政策研究室の鄭新立・副主任は22日、「現今のエネルギー問題解決のために、外貨準備を海外エネルギー関連の株式購入にあてるべきだ」などと述べた。22日付で香港・財華網が伝えた。

 一方で、鄭・副主任は、「米国債に投資するのは割に合わない」「中東地区は中国に売却しないだろうから、他の地域から購入すればいい」ともコメントした。(編集担当:菅原大輔・如月隼人)


(サーチナ・中国情報局) - 9月23日17時25分更新

「上海駐在員の裏日記」 より


上海夜のカラオケ事情


カラオケ小姐の実態

「色々言いたいことあります」 より


9月8日(木)は特に注意!!


各人でできるテロ対策

「涼風庵(人権擁護法=言論弾圧法」反対!!)」 より


教えてGOOは意外と役に立つ?

「涼風庵(人権擁護法=言論弾圧法」反対!!)」 より


同胞を裏切り、日本人拉致に加担した朝鮮総連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。