記憶の整理箱

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先に、英国で発売されていた、「ワイルドスワン」の著者による「知られざる毛沢東」が、アメリカでも発売になった。


Mao : The Unknown Story (Hardcover)

Publisher: Knopf (October 18, 2005)
Amazon.com Sales Rank: #127 in Books



中国共産党、抗日神話の崩壊, 2005/09/02



レビュアー: カスタマー   京都府 Japan
中国共産党が今の中国全土を支配する正当性の唯一の拠り所と見なしている抗日戦争神話・毛沢東神話を完膚無きまでに破壊する伝記。毛沢東は、25年間風呂に一度も入らず、歯も磨かず(そのため、本に掲載されている彼の写真では、歯が真っ黒に写っている)、女狂いで、その結果生まれた子供は平然と放置、日本軍とはまともに戦えず、中国内戦の敵である国民党軍にまでたびたび助けられていた(蒋介石の子供の蒋経国が実質的な人質としてソ連にいたため、共産党を完全に壊滅させることが出来なかった)という事実をどれだけの日本人/中国人が知っているでしょうか。「抗日戦争」中の「長征」に関する有名な挿話も大半が親中反日のジャーナリスト、エドガー・スノーと毛沢東合作のでっち上げであったことも述べられています。出版直後に出た英文レビューは中国共産党政府の圧力でたびたびウェブ上から削除されていたそうですが、その事実からも、この本が広く読まれたときに日中両国民に与える巨大なインパクトが窺えます。 --このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tidyup.blog20.fc2.com/tb.php/76-68eaee6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。